top-blog

昇龍と私 ~悠雅~

今日の「昇龍と私」は久々に東京メンバーが登場です!

といっても、メンバーなり立てほやほや(笑)なので、イベント登場はまだまだ先の事になりそうです。

小学生兄弟のまずはお兄ちゃんから紹介です☆

あ、文章は本人の言葉をママが代筆してくれてます♪

 

エイサーとの出会い

僕は昇龍祭太鼓を菖蒲のイベントで初めて見て、

「すごい!!かっこいい!!」

『僕もやってみたい!』

と思いました。

稽古場にて

でも、たくさんの人の前で踊るのは、はずかしいという気持ちが先に立ち、その時は『やりたい』とは言えませんでした。

そんな時、弟の慧翔が『エイサーやりたーい!』と言いだし、慧翔だけ春日部のエイサーをやることになりました。

その練習を僕も見学をしに一緒に行って、『やりたい!』っていう気持ちが大きくなって泣きながら

『僕もエイサーやりたい』

とお父さんとお母さんにお願いしました。

たった4ヶ月だけのエイサーでした。

 

昇龍祭太鼓へ

もっとやりたい、かっこよく踊りたい。

そして、レイクタウンでの昇龍のイベントで、カカ(おばあちゃん)が

『ダメ元でお願いしてみよう!』

となり、水野さんにお願いしたところ、見学にきてくださいと言ってくれました。

レイクタウンで水野さんと

そこから、体験を受けてそのまま入団しました。

 

悠雅インタビュー(笑)

-なぜエイサー?-
沖縄伝統のエイサーを僕が楽しんで踊っているのをお客さんに見てもらって、お客さんに楽しんでもらいたい、お客さん皆を笑顔にしたいからです!

悠雅

-将来は?-
まずは、はやく合格して、昇龍の皆とイベントに出たいです!

記事一覧に戻る