top-blog

☆MO-LE STUDIO☆

時が経つのは本当に早いもので、あっという間に12月。

「師匠も走る」くらい忙しいという年の瀬、師走に入りました。

先週までの怒涛の一週間を除き、今年の師走の昇龍祭太鼓はまったりモードです。

ですが、まったりモードだからといって、週末をダラダラ過ごすような勿体ないことはしません!

 

自主練習

こんな時期だからこそ、新人メンバーの指導に時間をかけます。

夏のイベント後に入団した4名の新人メンバー。

自分たちで声を掛け合って、新人さん同士で練習に励んでいます。

自主練習

久々のオフタイムである週末も朝11時から15時まで基礎体力作りから演技の確認までしっかりと行ってます。

もちろん、時間が合えばレギュラーメンバーも参加して、みっちり指導にあたります!

 

琉球舞団 昇龍祭太鼓の基地

このブログでもちょこちょこ稽古場の写真が登場していますが、琉球舞団 昇龍祭太鼓は、2011年9月に3階建てのスタジオを建設してしまいました!

当然、建築にはたくさんの費用が掛かる為、その分の借金を背負うことにはなりましたが、メンバーのみんなが好きな時に好きなだけ練習や会議ができるというのは、他の団体にはない大きな特権です。

スタジオの広さは約90㎡。

前面・横面・背面一部と3方向が鏡張りになっているため、演技指導したり、チェックしたりするにはもってこいの環境です。

スタジオ名は「MO-LE STUDIO

琉球舞団 昇龍祭太鼓の季刊情報誌「もーれもーれ」や2014年に行った自主公演第2弾「舞 MO-LE」と一緒です!

もちろん、この名前にはちゃんと意味があります。

「もーれ」は沖縄の方言で「舞うれ」=「もうれ」

つまり「踊れ!」というような意味があり、踊るためのスタジオとしてぴったりの名称です。

そして、この「MO-LE STUDIO」は、空いている時間をレンタルスタジオとして貸出もしています。

お芝居やダンス、バレエにフラダンスなど客観的に振付を見たり、指導したりする稽古には最適な環境です。

ご利用をご希望の方は是非、こちらからお問い合わせくださいね。

ご連絡お待ちしています!

水野

記事一覧に戻る