top-blog

頑張ります!!

今日、明日の2日間は、昇龍女性メンバー限定(?)の『特別レッスンの日』

エイサーとは違った動きにみんな四苦八苦してます(笑)

その様子を稽古場で見ていた代表からの報告です( ̄∇ ̄)

 

女性らしさ、、、?

今日と明日、昇龍女子は、エイサー以外の芸能から女性らしさを学ぶため、スタジオに集合しております。

講師として沖縄から踊い飛琉(うどぅいはる)の利好(りこ)ちゃんを東京に招き、特別に琉球舞踊の指導をしてもらっています。

琉舞指導

このブログを呼んでいる皆さんはご存知だと思いますが、、、

昇龍祭太鼓の紹介アナウンスでは、

琉球舞団 昇龍祭太鼓は、沖縄の青年会活動のエイサーとは異なり、特定の地域に依拠しないため、 本来の旧盆行事のひとつとしてのエイサーから、観客を魅了させる演舞を重視するようになった創作エイサー団体です。伝統的なエイサーで使用される古典曲に加え、沖縄のロックやポップス曲も使用し、また踊りに沖縄空手の型や琉球舞踊の型を採り入れるなどの特徴があります。

と紹介してます。

その紹介文にあるように昇龍祭太鼓の演舞には「琉球舞踊の型」を取り入れているものがあります。

ただ単純に『琉球舞踊風』にするのではなく、ちゃんと指導を受け演舞にとり入れるために、しっかりとレッスンを行っています。

女性メンバーの何名かは以前にも、琉球舞踊の基礎の基礎を教わっています。

ただ、時間が空いてしまったこともあり、みんな苦戦したようです、、、

何かが違う、、、

↑ 左が利好先生。同じポーズなのに、右は盆踊り!?

 

エイサーとは真逆!!

実際にレッスンを受けた感想をお伝えすると、、、

エイサーでは膝を外に開く、いわゆる「がに股」が基本スタンスです。

ミルクムナリの演舞を見ると一目瞭然ですね(笑)

内股になっていたら、とてもじゃないけどかっこ悪い、、、

ところが!

今日、みんなで練習したのは女性の踊り。

ということは、、、

そう。

真逆なんですね。

内股に力を入れて膝は閉じる!

足は大きくあげない!

手の運びも大変です。

「せっかくなので、、、」

と、「琉舞」とはちょっと違いますが、エイサーにも身近なカチャーシーの『綺麗な踊り方』もご教授いただいたのですが、、、

カチャーシー

↑ この写真はそれっぽいけど、カチャーシーの指導ではありません(笑)
   あくまでもイメージ画像です☆

コレが思ったより大変でした(>_<)

・手は頭より上
・指は綺麗に揃える
・手を左右に動かす時は指先ではなく手首から
・手を返すときは中指と親指をくっつける
・指先を回すのではなく、手首を回す
・肘の位置は動かさない

などなど、、、

奥が深い!!

ポイントを絞って教えて貰ったのですが、終始緊張した状態でやっていたこともあり、肩から二の腕にかけてがパンパン(>_<)

バチ回しとは違う筋肉を使い、明日は筋肉痛決定です(笑)

力強いエイサー演舞に加え、女性らしいしなやかな動きも身に付けることが出来たら、メリハリもつくし、演舞の幅も広がりますよね。

前途多難な気もしますが、頑張って色々吸収したいと思います!

記事一覧に戻る