top-blog

素朴な疑問

ふとした瞬間に、どうでもいい事が気になったりすることありませんか?

今まさにそんな衝動に駆られている広報部の小島です。

ふと浮かんだ素朴な疑問。

「普段のイベントで、大太鼓を何回ぐらい叩いているのだろう??」

見ているお客様にとっては、まさにどうでもよい疑問だと思いますが、ふと思いついたので実際に数えてみました(笑)

 

イベント時の太鼓打数

旭川支部長将太さん

イベントでの1回の演舞時間は、MCも含めて大体20分から30分ぐらいです。

これ以上長いと、お客様が飽きてしまうのと、私たちの体力が持ちません^^;

さて、もっともスタンダードな私たちの演目は下記の通りです。

①「島唄」
②「獅子Gong Gong」
③「ミルクムナリ」
④「クーダーカー」
⑤「年中口説」
⑥「地翔どーい」

実際にはMCが入ったり、短いバージョンの曲を使ったりしますが、ここではフルバージョンで計測しました。

問題の太鼓の打数は下記の通りです。

①118回
②135回
③133回
④77回
⑤131回
⑥76回

 

2秒に一回

合計は、、、

なんと670回!!

、、、多いのか少ないのか分かりませんねσ^_^;

そこでこれを演舞時間で割って1分間に換算してみたところ、約30回叩いていました。

つまり、2秒に1回は太鼓を叩いている計算になります。

こうしてみるとかなりハードですね。。

 

正直しんどい演舞

めかるんるん♪

昇龍祭太鼓の演舞で1分間あたり、一番太鼓を叩く演舞は「年中口説」でした。

なんと1分間あたり平均、約49回叩きます!!

ほぼ叩きっぱなしということですね´д` ;

しかも、この曲はジャンプしたりと動きも激しいのでめちゃくちゃ大変です。

ところが、メンバーに聞くと、これが一番しんどい演舞には上がってきません。

時間が短いから気合いで乗り切っちゃう感じでしょうか。

しかしながら、もしこの曲が5分とかの曲だったら、間違いなく一曲でメンバーをノックアウトします(笑)

 

ミルクは辛いよ

太鼓リーダー小島氏

個人的に一番しんどいのは「ミルクムナリ」かなと思います。

太鼓の打数は1分間に33回と平均的ですが、終始腰を落としての演舞で、動きも規則的なので、ずっと同じ筋力を酷使します。

全力で踊ると腕がぷるぷる、足がガクガクと震えます^^;

ちなみに、一曲の打数だけでいうと「琉球マジック」という曲が一番多く、5分16秒で246回です。

といっても、これは私たちが練習のとき、最初におこなうバチ回しという基本の動作で、ただひたすら太鼓を叩くというものです。

 

あの曲は??

最後に、とってもキツいと噂の「七月節」、「ダイナミック琉球」の打数も数えてみました。

「七月節」181回
「ダイナミック琉球」113回

ついつい長くなってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

「大変そうだから、応援してやるか!」

と少しでも思っていただけたら、是非とも会場にてご声援をお願いします!!o(^o^)o

こんな素朴な疑問にお付き合いいただき、ありがとうございました☆

記事一覧に戻る