top-blog

宮古島のお話 ~基礎知識!?編~

最近このブログで宮古島のお話を何度か取り上げているので、無性に宮古島に行きたくてしょうがない広報部ブログ担当です。

今日は、宮古島のお話を個人的な見解を交えつつお届けしたいと思います☆

 

宮古島

そもそも宮古島ってどこにあるの?

という方のために、簡単に解説です。

「日本列島」の南西部にある「南西諸島」の中の「沖縄諸島」の中の「先島諸島」の中にある「宮古列島」の中心が宮古島です。

・・・・・・分かりにくいですね(笑)

地図にするとこんな感じ。

宮古島解説

沖縄本島から南西に300kmほど離れた場所に位置する宮古島。

ちょうど、東京⇔名古屋くらいの距離感です。

照りつける太陽、色とりどりに咲き乱れる花々、、、

南国

赤道に近い分、紫外線も強いので日焼けには注意が必要です。

「健康的にてっとり早く日焼けしたい!」

とサンオイルを塗っている観光客の方をたまに見かけますが、自殺行為です。

日焼け止めを塗って焼く。

これ、鉄則です。

ホテル勤務時代、実際に全身やけど状態で、夜眠れないとフロントへSOSの電話があったり、あまりにもひどくて救急搬送された方もいるくらい。

侮っちゃだめですよ?

あれ?

話がちょっとそれましたね(笑)

 

沖縄の「離島」

そんな沖縄の離島、宮古島。

知らない人にとって「離島」という響きは時として大きな?誤解を生むことも、、、、

私がホテル時代に受けた問い合わせの電話の中には色々な質問がありました。

「クレジットカード使えますか?」

「お金おろせますか?」

「病院ありますか?」

「携帯使えますか?」

などなど。

答えは全部「YES!」です。

ただ、携帯に関しては10年以上も前の話なので、当時は沖縄セルラーの流れをくむau以外は電波が悪く、ホテルの中は圏外だったのも事実です。

あ、今は大丈夫ですよ?(笑)

他に番外編として面白かった質問は「最寄駅どこですか?」

これ、私の上司が受けた電話なんですけど、答えは

ゆいレールの那覇空港駅ですね」

「ただし、そこから飛行機に乗らないといけませんが、、、」

って感じです。

まぁ、そのくらい「離島」ってナゾなんでしょうね(笑)

番外編以外の質問をされた方々の離島のイメージはたぶん「ちゅらさん(小浜島)」や「瑠璃の島(鳩間島)」など、テレビドラマの影響が大きいのかな?と思います。

時間のゆったり流れるのどかな島。

まぁ、宮古島と橋でつながっている来間島(くりまじま)や池間島(いけまじま)、伊良部島(いらぶじま)などはそれに近いものがあります。

離島

でも、宮古島って人口が5万人以上いる島なんです。

24時間のスーパーやコンビニ、もちろん総合病院だってあります。

今ではドンキホーテやマクドナルド、大戸屋もあります!

↑ 私がいた頃はなかったんですけどね(笑)

 

宮古島の贅沢

と、ここまでいろいろ書きましたが、まぁ、宮古島がマイナーなことは否めません。

旅行先としても沖縄本島に次いで人気があるのは石垣島。

宮古島は、本島から約450km離れた石垣島に行くため、かる~く飛び越えられちゃう島なんです。

観光も海とゴルフ場がメイン。

山もなければ、川もない。

石垣島みたいに周辺の島へ船で周遊するなんてこともできません。

観光客を惹きつける楽しみがない、、、?

いえいえ、その分、海の「あおさ」が違います。

青かったり、碧かったり、蒼かったり。

様々な「あお」を楽しめる宮古ブルーを眺めながら至福の時を過ごす、、、

そんな『なにもしない贅沢』を存分に味わえる島です。

なにもしない贅沢

皆さまにぜひぜひ、宮古島の魅力を知って貰えるように、たま~に宮古島のお話を紹介したいと思います。

お楽しみに♪

記事一覧に戻る