top-blog

感謝〜小島〜

感謝

琉球舞団 昇龍祭太鼓 10周年記念公演

「SHORYU A NEW TRADITION」、お陰様をもちまして無事に終了することが出来ました。沢山の方たちの前で演舞が出来たこと、心から幸せに感じております。ご来場下さいました皆さま、本当に本当に、ありがとうございました!!

 

公演準備

公演の企画は2年以上前から準備を進めてきてはいたものの、コロナ禍もあり、練習や作業でも、なかなか皆が集まることは出来ず、本格的に動き出したのは今年に入ってからでした。

思い返してみるとあっという間の日々で、少し裏舞台を明かしてしまうと、前日のリハーサルで大道具が完成するというバタバタぶりでした…

私自身、最後の3日間は全てを出し切ったせいか、会う人会う人に「痩せました?大丈夫ですか??」と聞かれる始末(笑)

ギリギリまで準備に追われ、もしかすると間に合わないのでは、というタイミングで、何度も救いの手が差し伸べられて、どうにか無事に公演を終えることが出来ました。

多くの方々に助けられた公演だったと思います。

本公演にご協賛をいただきました皆さま、お陰様で昇龍祭太鼓結成以来、最高の舞台となりました。厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

共演いただきました皆様

共演いただきました、玉城千春さん、石垣優さん、よなは徹さん、Theater TEN Companyさん、POI LAB さん、going46さん、琉神さん、伊是名の会さん、明正小学校の皆さん、用賀小学校の皆さん、最高のパフォーマンスをありがとうございました。

ご来場下さったお客様から沢山のお褒めの言葉をいただいております。

 

舞台を支えてくださった皆様

また舞台裏から私たちを支えて下さった、舞台監督はじめ、スタッフの皆さま、照明スタッフ、音響スタッフの皆さま、舞台の奥深さと厳しさを私たちにご指導下さいました。

そのお陰で私たちは大きな事故や怪我もなく公演を終えることが出来たと思います。本当にありがとうございました。

そして、昇龍OB,OGの方やボランティアにも沢山の方々にご協力をいただきました。私たちの手の届かないところで、この公演のために奔走して下さり、感謝してもしきれません。心から感謝申し上げます。

本来であればご来場下さった皆さま、お世話になった方々、お一人おひとりに御礼を申し上げたかったところですが、感染症対策でお見送りも出来ず、公演後の片付けも慌ただしく、ろくにご挨拶も出来なかったことを大変心苦しく思っております。申し訳ありませんでした。

一つの大きな目標を達成し、私たちはまた一歩先に進むことができました。これからも挑戦する心を忘れずに、お客様の笑顔のために、沖縄芸能の素晴らしさを伝えていきたいと思いますので、今後とも琉球舞団 昇龍祭太鼓をよろしくお願いいたします。

この度は本当にありがとうございました!!

PS.いつもお世話になっているカメラマンの鈴木さんと浜中さんに写真を沢山撮っていただきました。素敵な写真をありがとうございます。少しずつお披露目していきたいと思いますので楽しみにしていて下さい☆

記事一覧に戻る
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31