top-blog

昇龍と私 ~優香~

今日は旭川支部から「昇龍と私」をお届け♪

北海道といえば、よさこい祭りが有名ですよね。

本当だったらよさこいのサークルに入っていたかもしれない優香ちゃん。

巡り会わせって不思議ですね。

 

エイサーとの出会い

私がエイサーというものを知ったのは約1年前のサークル紹介のときでした。

私は小学生の頃よさこいのチームに所属していました。

中学にあがるタイミングでやめましたが、大学に入学したらやりたいとずっと思っていました。

ですが、大学によさこいのチームがなくなっていてショックを受けました(笑)

そんな時にちょうどエイサーの演舞がはじまりました。

最前列にたまたま座っていたので、私のすぐ目の前で先輩が踊っていました。

今思うとその先輩は今年卒業されたさんでした!

旭川支部

澪さんの迫力と堂々とした姿勢と表情に圧倒され、何より全員が全力で楽しんで演舞している姿に惹かれました!!

そのかっこよさが忘れられず、よさこいのチームがなかったことへのショックなんて忘れ、入団を決意しました。

今では入団して本当に良かったと心から思います!!

仲間たちと

 

1年間エイサーをやってみて

最初は体育会系の部活に入ったことがない私にとっては、バチ回しで息が上がってしまうほどきつく、

「うまくできないことだらけで大変だー!」

と思っていました。

ですが、先輩方や本部の方のご指導を受け、同期と自主練をしたりしながら1年が経ち、今ではエイサーの動画を何度も見たり、家で曲をかけてしまうほど夢中になってしまいました(笑)

優香

私がこの一年で一番嬉しかったのは学校祭で演舞した時に友達が見にきてくれた時のことです。

その友達が私や同期、先輩方が全力で演舞しているのを見て、感動して泣いてしまったと聞きました。

私は感動を与えられたことを嬉しく思い、そんな素敵な演舞ができる団体に所属していることをとても嬉しく思いました!

これからもっとたくさんの人に感動を与えられるように精進します。

記事一覧に戻る