top-blog

しゅうずかん

今日のブログはアレックス!

登場回数の少ないレアキャラです(笑)

アレックスが昇龍に入団するきっかけにもなった行きつけの沖縄料理屋さん、「しゅうずかん」の紹介です☆

ちなみに和訳は利佳ちゃん♪

ありがとー!

 

What is shuzukan?(しゅうずかんとは?)

Shuzukan is an Okinawan restaurant in Azabu-Juban; but calling it a “restaurant” is somewhat inaccurate.

しゅうずかん

If you go there, you’ll probably find everyone drinking awamori and chatting with each other.

Many will be regulars, and even people for whom it’s their first time there will be joining in with the merriment.

The regulars are extremely amiable – lovers of awamori, and lovers of sanshin.

Amongst them, around half can tease a melody from a sanshin, but a few are true experts. For instance, Nakamura-san and Hamada-san both regularly perform in concerts and at Okinawan events.

You’ll also find professional Ryukyu-buyō performers and even one amateur Eisa
enthusiast (me!).

しゅうずかんは麻布十番にあるレストランです。

でもレストランと呼ぶにはちょっと違うような…

しゅうずかんにいくと、みんなが泡盛を飲んで、周りの人と仲良くお話してる姿を目にします!

ほとんどの方が常連さんで、例え始めてお店に行ったという人でも、すぐにその輪の中に入っていく、そんなお店なのです!

常連さんのほとんどが、優しくて気立てが良く、泡盛好きの人です。

そして三線が好きな人が多いです!

ほとんどの常連さんが、三線で音楽を奏でることができます!

その中にはプロの方もいて、はまださんと、ナカムラさんという方は、実際に沖縄のいろんなイベントでパフォーマンスしてたりします!

またプロの方の琉球舞踊とか、アマチュアのエイサーも楽しむことができます!(アレックスも踊ったよ!)←昇龍のイベント宣伝のためにパフォーマンスしたことあり♪

 

Alex and Shuzukan(アレックスとしゅうずかん)

When I moved to Japan back in 2015, I soon joined Aikido Azabu Dojo.

The members at that time were in the habit of heading across the road to
Shuzukan after training, and so they took me along.

It was my first week in Japan.

Because it was my first experience of a Japanese “watering hole”, I didn’t realise at the time how unusual it is. I knew immediately, however, that it was a good place.

I couldn’t speak any Japanese at all, but I still had a good time. By the end of the night, I had learned my first Japanese word: “nommunication”.

It was at the Shuzukan where I leaned to play the sanshin – I was taught by the other regulars.

And it was the proprietors who introduced me to Shoryu Matsuridako. I had been to the Shinjuku Eisa Matsuri and wanted to try it myself, and asked Shuzukan’s Mama-san if she knew any eisa troupes.

The rest, as they say, is history.

私は2015年に日本にきました。

来てすぐに麻布道場の合気道に参加しました!

その時にいたメンバーの方は、練習が終わるとすぐ道の反対側にあるしゅうずかんに行くというのが習慣でした。

そして彼らは僕のこともしゅうずかんに連れて行ってくれて…

というのが、日本にきてはじめての一週間の出来事でした。

それが僕のはじめての日本での「飲み会」への参加だったので、しゅうずかんの空間がほかの日本の飲み場と違ったものであるということに、その時は気がつきませんでした。

でも本当に居心地の良い空間で、全く日本語が話せない状況でしたが、とてもいい時間を過ごすことができました!

そしてその日の夜、僕は「飲みにケーション」 という、日本ではじめての日本語を覚えました!笑

しゅうずかんでは、常連さんに三線を教えてもらいました。

また僕に昇龍祭太鼓を教えてくれたのもしゅうずかんのオーナーさんです!

昇龍の話を聞いた時に、新宿エイサー祭りにいったことがあったので、「僕もやってみたい!!」と思いました!

どこのグループがいいかな?とシューズカンのままさんに聞いてみたところ、教えてくれたのが「昇龍祭太鼓」…

これが、僕と昇龍の出会いです!

祝44周年

 

44th anniversary party(44周年パーティ)

This year Shuzukan celebrated its 44th anniversary.

It hasn’t always been an Okinawan restaurant, however (although Master-san has always been Okinawan!) – it began its life as a coffee shop, quickly transforming into an Italian restaurant. In 1998 it transformed again, this time into its present form.

昔のしゅうずかん

Every year they hold a party to celebrate its establishment.

On its 40th anniversary, we rented out a yakatabune and sailed up and down the Sumida river, eating and drinking.

This year was no exception.

I arrived late so things were already in full-swing.

Master-san welcomed me in and said,

“Alex, you’re late!”

“Sorry, I was at Eisa training,”

I said.

“Oh! That’s OK then!”

he replied.

There was plenty of delicious food and and special awamori. However, what the food was, and what was special about the awamori, I have completely forgotten.

I suppose the awamori must have been a bit too special!

At the end of the night, sanshins were passed around and we played Tōshin Dōi while people danced kachāshī.

 今年はシューズカンの44周年の年です!

歴史としては、ずっと沖縄料理のお店というわけではなく、コーヒー屋さんだったり、イタリアンだったりしたこともあるようです。(マスターはずっと沖縄の人だったようです)

1998年に今のお店になったようです!

毎年、周年パーティを開いていて、40周年のときには墨田区で屋形船を借りてお祝いました!

飲んだり、食べたり本当に最高の時間だったようです!

その日僕は、集合時間に遅れてしまいほとんどパーティが終わってる状況でした…

そのときにマスターさんは

「アレックス!遅いよー!」

「エイサーの練習があって遅れてしまいました」

「大丈夫だよ!ほら楽しんでって♪」

と迎え入れてくれました!

たくさんの美味しいご飯と美味しい泡盛を楽しんだ…!

はずなんですが、泡盛を飲みすぎて、実は全く覚えてません!笑

おそらくスペシャルな(強めの)泡盛を飲んだんでしょう!

その夜の終わりには、三線での唐船どーいが響きわたり、みんなでカチャーシーを踊りました♪

記事一覧に戻る