top-blog

イベント”前”報告@こだま

今日は連日お伝えしてきた「こだま」でのイベント当日。

今回のイベント担当は、もりだくさんの演目、二転三転する内容にかなり大変だったようですσ(^_^;

ということで、思うところがたくさんある担当の奈美ちゃんから、まずはイベント”前”の報告です(笑)

 

昇龍祭太鼓ワンマンショーpart2

今回は満員御礼の中開催することが出来ました。

たくさんの方に私たちの演舞を観ていただけて本当に幸せな時間でした。

通常のイベントと少し違った形での開催となりましたので準備から本番までをお届けしたいと思います。

 

こだまで今年も開催

昨年に続き、今年もぜひ小岩のこだまさんで演舞をしたいとお願いしたところ、

「3/3(日)が空いている」

とのことで決定したこのイベント。

会場近くにいるのが私との理由で担当になりました。

水野さんと何度も相談を重ね曲はだいぶ決まったとはいえ、増えたり減ったり流動的。

いったいどの曲を練習したらいいのか不安でいっぱい。

 

作るものがいっぱい

曲が決まったら演出を考えます。

「お客様に楽しんでもらえよう考えて!」

と水野さんから言われて悪戦苦闘する日々。

水野さんのアドバイスをもらい形になってきたのですが…

気付いた時には小道具や舞台を作ることになっていました!!!

↓↓↓作ったものはこちら↓↓↓

 

☆オバー自慢の爆弾鍋!

たくさんの時間をかけて土台を作ったのですが。

なんとイベント2日前にちょっとしたミスで溶けちゃいました

爆弾鍋?

そのため本番前日の夜までみんなで作業をして装飾はお店で本番前に完成させました。

 

☆舞台

こだまには立派な舞台があります。

その舞台を今回も使うには使ったのですが…

演出上、少し巾や長さが足りないと水野さんは考えたようです。

「それなら舞台を広げればよい!」

とのことで休業中だった水野工務店が開店しました(笑)

舞台拡張

『舞台サイズに合せて演舞をするのではなく、演舞に合せて舞台を広げる』

水野さんの新しい発想にメンバー一同驚きを隠せません。

しかし開店したのは本番4日前。

足りない材料をそろえたのは前日。

そしてこちらは会場に設置するためお客様が入店する30分前まで電動工具を使って店内で最後の仕上げをしました。

 

☆オバーの一式

不器用な私ですが、おうちでコツコツと白髪のカツラを作りました。

出来上がりは。。。

おばぁのカツラ

ニットの帽子にしか見えない(笑)

一生懸命作ったのでみんな笑ってくれました。

そして顔のシワも。

水野さんからは

「ペンで顔に書け!」

と言われたのですが…

その後の演舞をシワだらけの顔ではしたくないとシールでシワも作成。

本番直前まで

「ペンで書け!」

と言われ続けたけどそこは聞こえないふり♪

全ての作業や作成が本番直前に仕上がって安心しました。

それにしても直前までバタバタするのはいつもの事ですね。

明日はイベント本番の様子をブログにします!

記事一覧に戻る