top-blog

PV撮影の思い出 ~首里城~

昨年の年末から続いている、PV撮影各ロケ地での裏話。

もうそろそろ、他の話題無いの?

という方。

今日からやっと(!?)最終日の話題です。

もう少しだけお付き合いください(笑)

 

首里城公園

今回のメイン映像と言っても過言ではないほど、登場する首里城での演舞シーン。

今回の舞台は、七月節と同じ守礼門前と正殿の手前、奉神門前にある下之御庭。

実は、今回の撮影で本当に撮りたかった場所はここではありません。

私たちが熱望していた撮影場所は、首里城のメインである正殿前の御庭。

ただ残念なことに、昨年4月~12月まで正殿の正面部分が漆の塗り直し作業のため、撮影の時期はまさに足場が組まれシートで覆われている状態。

更に今年も正殿の左側と右側の部分を1年かけて順に塗り直していくという事で、どこかがシートに覆われている状態が続きます。

本当にタイミングが悪い(T_T)

正殿前での撮影は、東西の旗頭14旗とともに、次の機会に持ち越しです。

たださすがに「新春の宴」が開催されているお正月の3日間は本来の姿をお披露目していたようです。

そんな正殿の現在の様子が、沖縄帰省中の代表から届きました☆

首里城_新春の宴2018

あれ?

なんか、見覚えのある方々が、、、

そう!

写っているのは、PV撮影の際にお世話になった純也さん!

そして、大綱挽の際にお世話になった安里旗頭青年団の皆さま!!

なんと、首里城で行われている「新春の宴」に諸官役で出演していたとのこと。

是非、その衣装持参で昇龍祭太鼓の公演である「琉球の踊ぃ~うどぅい~」にも出演して欲しいなぁ(笑)

冗談はさておき、、、

今日は撮影の様子をご紹介します。

 

下之御庭

ドローンを使っての撮影は、他の観光施設同様、観光客のいない早朝時間のみ。

ということで、この日も朝早くから活動開始。

そして現場についたら、まずテントの大移動から始まりました。

まずはひと仕事

他にも敷地内の案内看板等を撤去。

朝から力仕事です。

そして、いよいよ撮影開始。

と思ったら、、、

またまた事件発生!

お客様がいない時間なのでかなり油断してました(笑)

映り込みハプニング

皆さま、お仕事お疲れ様です。

お掃除の方、配達の業者さん、警備員さん、、、

結構、良いシーンだったりするだけに残念、、、(>_<)

映り込むのって観光客だけじゃないんですね。

完全にノーマークでしたσ(^_^;

色々ハプニングがありつつも、下之御庭での撮影を終え、次なる目的地「守礼門」へ。

 

守禮之邦

荷物を持っての大移動。

もうみんな慣れたものです(笑)

移動も大変

撮影の間、大人しく待っていてくれた花凛ちゃん。

移動の時は大好きなまさと手を繋いでいました。

可愛い♡

そして、守礼の門に到着。

逆光

七月節の時もそうでしたが、、、

この時間って逆光なんですよね。

「なるべくカメラに光が入りこまないように」

と、立ち位置を調節したら、前後の間隔がだいぶ近い。

踊れなくはないけど、せ、せまい、、、

七月節の時より狭いような、、、?

でも、狭いながらもしっかりと踊りきりました。

守礼の門

守礼門という呼び名の由来ともなっている「守禮之邦」という言葉。

この言葉には「琉球は礼節を重んずる国である」という意味があります。

沖縄の芸能に携わっている以上、この言葉に恥じないようにしっかりとした意識をもって何事にも真摯に取り組んでいきたい。

守礼門の前で演舞をすると、不思議とそんな気持ちになります。

この時の気持ちを忘れずに、2018年も駆け抜けていきたいと思います。

記事一覧に戻る