top-blog

昇龍と私 ~葵~

今日のブログは、旭川支部の「昇龍と私」

実は今週末、水野さんは旭川支部の指導のために北海道へ飛んでおります。

指導合宿は、長時間練習と相場が決まっています( ̄∇ ̄)

みんな頑張れ~☆

 

エイサーとの出会い

こんにちは!教育大2年の葵です。

葵1

私がエイサーに出会うことができたのは、学生寮で同室だった東采紋さんのおかげです。

「エイサーに興味ない?」

と言われ、エイサーがなにかも分からない状態で、言われるがままサークル紹介を見に行きました。

そこで見た昇龍祭太鼓旭川支部の演舞はとても輝いていて、力強いフェーシと太鼓の音、曲ごとにガラッと変わる表情や雰囲気に圧倒されました。

もともと私は高校生の時、ダンスをやっていたので、踊ることは好きでしたが、足首の捻挫癖がひどかったため、運動系の活動はやめようと思っていました。

そんな私の意志が簡単にひっくり返されるほど、エイサーは魅力的だったため、すぐに入団を決意しました。

 

1年を通して感じたこと

入団したばかりの頃はひたすらバチ回しの練習をしていました。

バチを借りて、寮でも鏡を見ながら練習していたことを覚えています。

バチ回しはエイサーの基本となるものなので、今後もより精度を上げていきたいです。

また、私は曲の振り入れをする時が好きです。

新しい動き方やリズムなどを自分に取り入れられることが嬉しいからです。

ダンスをやっていたこともあり、振りを覚えることは比較的早い方だと思いますが、ダンスと違う点が多いため、振りは分かっていても上手く体が動かない、バチを上手に扱えない、太鼓の重さに振り回されるなど、課題点はたくさん出てきました。

そんな時に助けてくれるのは先輩や同期の仲間たちです。

仲間たち

自主練習に付き合ってくれたり、アドバイスをくれるなど、切磋琢磨しあっています。

この関係を今後も続けていきたいです。

 

大学生活残りの約3年間

大学生活は長いようで短く、1年間はあっという間に過ぎてしまいました。

残りの約3年間を無駄にしないように、エイサーの練習、踊りの研究に積極的に取り組みたいです。

葵2

大変なことも多いですが、乗り越えた時の達成感と、自分の成長を感じられるこの場を大切にしていきたいです。

記事一覧に戻る