top-blog

祝☆結成6周年☆ 昇龍と私 ~由香子~

今日は昇龍祭太鼓にとって、記念すべき一日☆

昇龍祭太鼓の初めての支部である「タイ支部結成記念日」なんです!

ということで、海の向こうからメッセージが届いているのでご紹介したいと思います(//∇//)

今年もまた一緒に演舞する機会があれば良いな~♪

 

結成記念日

こんにちは。

タイ支部長の高橋由香子と申します。

2017年5月23日はタイ支部結成6周年の記念日です。

昇龍祭太鼓タイ支部として活動を続けられたのも皆様の応援と支えがあったからこそと心より感謝申し上げます。

昇龍祭太鼓 タイ支部

 

結成の話

タイ支部ホームページの支部長挨拶にも書かせて頂きましたが、エイサーとの出会いは今から10年前の2007年。

水野代表率いる琉球國祭り太鼓東京支部がタイ・バンコクでのイベントに出演した時、偶然見た演舞に衝撃を受けたのが始まりでした。

演舞終了後、この感動を伝えたくて声を掛けに行きたかったのですが、勇気が出ず結局そのままになってしまいました。

その日からずっと心残りで、夢中でインターネットの動画を探す日々でした。

2年後に同じイベントで再び来泰が決まった時、すぐにメールを送ったところ、旗持ちとして参加させて頂くことが出来ました。

2007年タイイベント 旗持ち

この事がきっかけで私もタイで創作エイサーをやりたいという気持ちがさらに強くなっていきました。

ちょうどその時期に、代表は昇龍祭太鼓の立ち上げの準備をされている時で、私にも

「バンコクで創作エイサーのチームを立ち上げるか」

あるいは

「昇龍祭太鼓のタイ支部として立ち上げるか」

と意思を聞いて下さり、

「是非、昇龍祭太鼓のタイ支部を立ち上げたいです!」

とお願いしました。

立ち上げ当初は私一人だけ。

太鼓等の調達、演舞の覚え、そしてメンバー集めが始まりました。

代表もお忙しい中、演舞指導のために来泰して下さいました。

そして、代表から教わっていない曲などは、私が本部の資料映像や、動画サイトからの映像を一コマずつチェックし、解明をして、より確かな演舞になるよう気をつけながら覚えていきました。

その動きをメンバーに伝え、練習を積んでいっています。

 

現在のタイ支部

日本から遠く離れたタイでの活動の苦労や悩みは色々とあります。

ほとんどのメンバーは日本から赴任をして来ているので、約2、3年後の帰国が決まっています。

メンバーの入れ替わりが激しく、演舞が覚えられ楽しくなってきた頃に日本への帰国になってしまうのはとても残念なことです。

また、時にはクーデター等の政情不安によって稽古自粛や、イベントの中止など活動への影響を受けることもありました。

しかし、この様な状況の中でもメンバー達は団結して乗り越えてきました。

タイ支部イベント 2017

タイには世界中から様々な国の人が集まっているので、その人達に創作エイサーを楽しんで頂けることは私にとって、とても嬉しいことです。

初めて創作エイサーに出会ってから10年!

これからもタイ支部発展のために頑張っていきます。

今後共ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

タイ支部長 高橋由香子

記事一覧に戻る