top-blog

昇龍と私 ~有佳子~

今日は旭川支部・有佳子ちゃんの「昇龍と私」

みんな元気かな~?

 

昇龍との出会い

私がエイサーを知ったのは大学1年生のときです。

新歓でみたエイサーの演舞に圧倒され、

『なんてかっこいい踊りなんだろう』

と感動しました。

しかし、そのときは観る側で十分と思い、入部はしませんでした。

ところが、2年生になって再びエイサーの演舞を観たとき、

『やっぱりかっこいい』

と思ったのと同時に、

『自分もこんなふうに踊ってみたい』

という気持ちになりました。

有佳子3

2年生から入部することに不安もありましたが、先輩後輩みんな優しく面白いので、本当に入ってよかったなと思います!

 

エイサーの魅力

エイサーは大変なときもありますが、難しいフリができるようになったり、新しい曲を踊ることができるようになると、とても嬉しく

『もっと上達したい!』

という気持ちになります。

有佳子1

また、イベントで実際にお客さんの前で踊ると、緊張もしますが喜んでくれた顔をみてエイサーをしていてよかったと思います。

 

これからの目標

私が目指す姿は、先輩方のような迫力がありながらも丁寧で観る人の心をつかむような演舞ができるようになることです。

残りの大学生活、この目標に向けて仲間と協力しながら日々練習を頑張りたいです!

有佳子2

記事一覧に戻る