top-blog

小学校とエイサー

昇龍のメンバーには、意外と教育関係のお仕事に就いている人が多かったりします。

今日はそのうちの一人、名鏡さんから先日紹介した「あの事」についてご報告です(笑)

 

こんなところに昇龍!

こんにちは。

広報部担当の名鏡です。

昇龍と縁のあった前職場を異動になり、さすがに仕事で昇龍とは関わらないだろう、そう高をくくっていたら……

先日、なんと職場で昇龍を見つけてしまいました!

こんなところに、、、1

これは、小学校の運動会用品のカタログです。

「どこに昇龍がいるんだ!」

と思われるかもしれませんが、1ページめくっただけで一瞬で目を奪われました。

こんなところに、、、2

分かりづらいのでさらに拡大します。

こんなところに、、、3

そう、12月16日の記事で教則用ビデオの撮影についてお伝えしましたが、これが載っていたんです。

てっきり、『教育技術』という書籍にのみ載るのかと思っていましたが、その書籍とコラボしているそうです。

意外な遭遇にかなり驚きました。

 

小学校でのエイサー

そんなわけで、今回は小学校の運動会で行われているエイサーについて、紹介したいと思います。

小学校ではいろいろな民舞が取り入れられていて、エイサーはその中でも最近ポピュラーになってきたように思います。

そして、その演舞を華やかに見せるためには、道具にもこだわっていきたいところ。

そんなわけで、小学校向けの運動会用品には、エイサーのための道具がたくさん載っています。

冒頭で載せたカタログには、太鼓だけでも5種類ありました!

太鼓は、パーランクーと締太鼓が載せられていて、完成品や小学生でも手作りができるタイプのもの、さまざまです。

手作りできるタイプのものは、他にも、サージや打掛(うっちゃき)等の販売もあります。

親切にも、サージの巻き方まで解説されています。

 

運動会を通して……

前職場はエイサーが盛んだったため、毎年この時期は他校からの問い合わせが何件かありました。

用賀小練習風景

「衣装をお借りできませんか?」
「どんな曲があるんですか?」
「パーランクーをお借りしたいのですが……」

そんな問い合わせがあるたび、エイサーの広がりを感じました。

これから先、子供たちが運動会をきっかけにエイサーを知り、沖縄に少しでも親しみを感じてもらえたらいいなあ、と願っています。

記事一覧に戻る